セックス時の底力をアップさせる筋トレ

スタミナ作りには、ランニング、自転車、ウォーキング、水泳、縄跳びといった有酸素運動を取り入れましょう。重要なのは、自分に合ったスタミナ作りということです。景色がいい場所を知っているので運動ついでに自転車で楽しもうとか、子どもと縄跳びで一緒に遊びながらスタミナつけようとか、ポジティブになれるメニューを選ぶことをおすすめします。帰りに駅から走って帰れば早く帰れてスタミナもつきます。ただ走るだけじゃつまらないという人は自転車がいいでしょう。あしたからでも始められるスタミナ作りが、身の回りには沢山あるのです。

年を重ねると出てくる中折れ現象を改善したければ、適度なジョギングなどで血流をよくしておきましょう。中折は風俗嬢に最もガッカリされるひとつです。ストレスのない方法で、継続できる内容が望ましいといえます。

縄跳びの絶大なる効果

子供の遊びと軽く見られがちな縄跳びですが全身の体力を鍛えることができる効果があります。久しぶりに縄跳びをやってみて下さい。翌日にはものすごい筋肉痛に襲われることでしょう。それほど、体力への負荷が大きいのです。一定のリズムで飛ぶよりも、リズムを変える、飛び方を変えるなどすると、体力の動きも変わるため、全身の体力トレーニングになります。

縄跳びの消費カロリーはジョギングよりも上か同等です。もちろん1時間ジョギングやランニングをするのと1時間縄跳びをするのでは状況が違いますが、ジョギングでは景色を眺めながらできますが、縄跳びは一定の場所でえんえんと飛ぶだけですから、つまらない運動だと見られてもしかたありません。しかし、それを無視すれば、縄跳びはスタミナもつき、全身の筋トレにもなります。立ち姿勢での運動なので、セックスでいえば、立ったままおこなう立ちバックでの運動機能が高まります。神経と体力の連携力も強化され、負荷の少ない状態で体力が動くため、立った状態でおこなうセックスには必須ともいえる運動です。

スタミナがセックス全般における消費体力だとしたら、持久力は同じ動きをしているときの消費体力といえます。持久力が上がれば、スタミナも向上し、消費量を抑えることができます。スタミナと持久力の両方を向上させる縄跳びがいかに優秀かおわかりいただけると思います。瞬発力の向上にもつながり時には緩く、時には急激な動きといった、緩急あるセックスをおこなうことができるようになります。